あなたにピッタリの日本語教師講座探しをお手伝いします

日本語教師養成講座ガイドHOME » 日本語教師になるための講座一覧 » じっくり時間をかけて学びたいなら

じっくり時間をかけて学びたいなら

じっくり時間をかけて学びたい方におすすめの講座について、講座の内容・受講費用・受講期間を紹介します。

長期にわたる確実な学習が可能な日本語教師講座

講座名 【ヒューマンアカデミー 日本語教師養成総合講座「検定対策付き」】
講座の内容 ・日本語学系4科目(歴史・文字表記、文法、語彙・意味、中上級の表現)
・言語学系4科目(言語学、対照・社会言語学、音声学・音韻論、日本語教育の5区分)
・教授法系4科目(日本語教育概論、初級クラスの教室活動、中上級クラスの教室活動、評価法)
・模擬実習2科目(初級実習、中上級実習)
・検定対策講義DVD&音声CD 19巻
学習の仕方1巻
社会・文化・地域3巻
言語と社会3巻
言語と心理3巻
言語と教育3巻
言語一般3巻
音声聴解2巻
記述式問題1巻
受講費用  667,440円(税込) リボ払い月々6,000円~
受講期間 約半年~1年間/180分×109回+通信学習19教程

日本語教師の資格として「養成講座修了」と「検定試験合格」の両方の取得を目指す講座です。

養成講座とセットで受けると、検定対策講座が通常132,000円のところ95,040円に割引されるなど、どちらも必須資格なのでセット受講が便利です。

授業では文法を含む日本語を学ぶ「日本語学系科目」、発音や外国語との比較を学ぶ「言語学系」、即戦力の身につく「教授法系科目」の3分野を並行して受けられるなど、理論と実践をバランス良く習得できるカリキュラムになっています。

第一線で活躍する講師は経験豊富で指導も丁寧、長い受講期間にも親身になって相談に乗ってくれます

講座名 【新宿日本語学校 全期コース】
講座の内容 ・前期課程(社会・文化・地域、言語と社会、言語と心理、言語と教育、言語)
・後期課程(社会・文化・地域、言語と社会、言語と教育、教材・教具、実習・演習)
受講費用  709,000円(入学金:20,000円、授業料:660,000円、教材費:29,000円)
受講期間 1年

日本語教師を目指している人のための養成講座。 カリキュラムは理論から実習まで800時間かけて行われるなど充実しています。

フォトショップやイラストレーター、インデザインといったソフトを用いたIT科目もそろっており、時代のニーズに沿った授業スタイルが人気です。

講座名

【朝日カルチャーセンター 日本語教師養成講座】

講座の内容 ・必修17科目(日本語史・日本語教育史、言語と社会、異文化コミュニケーション、日本語教育概論、言語習得、日本語教授法1、日本語教授法2、日本語教授法3、年少者に対する日本語教育、言語学概論、日本語概論、文法1、文法2、文法3、音声、表記、語彙)
受講費用  579,600円(税込)
受講期間 履修期限5年

知識や技術など日本語教師に必要なスキルの学べる、必修17科目と選択科目から構成された420時間の長期講座です。

最短だと1年3ヵ月終了することが可能で履修期限は5年。

各科目ともに学期ごとに曜日や時間ごとに講師が変わります。

大学院のような高いレベルを目指しているのが特徴。

 
活躍の場が広がる!日本語教師の養成講座ガイド